【いくらくらい?】一般的な本(ハードカバー)の買取相場

ハードカバーの本を買う人は、よほど本が好きか、その著者が好きなのでしょう。保存には便利ですが、場所をとりますし持ち運びにも不便で値段も高いものが多いです。しばらく待てばもっと安価な文庫本になるかもしれません。それでも購入したハードカバーの本が、不要になって売ってしまう時、いくらぐらいで売れるのでしょうか

 

本の状態による

状態の良いもので150円ほど

お店にもよりますが、ある大手の古本屋さんの例で言うと基本的に、状態の良いものが150円、普通のものが100円、少し悪いもので50円、状態が悪いと10円、カバーが無かったり破れていたり、日焼けをして色あせているようなものは買い取ってもらえないそうです。

 

買い取ってもらえないケースも

また、定価の記載がないものやバーコードが付いていないものも買い取ってもらえないことがあります。これは、査定を担当する人の判断によって多少のばらつきはありますが、相場としてはこれぐらいだと思っておくといいでしょう。

 

人気に左右されにくい

ジャンルは影響されない

大手の古本屋さんではハードカバーの本は、内容が小説であるかビジネス本であるか、本の定価はいくらであるかということにはあまり影響されないようです。これもお店によりますが、在庫過剰の本でも買い取ってくれるところが多く見られます。

 

流行にも影響されない

また、流行や希少性にもそれほど影響されにくいのも特徴です。数年前に消えた年金問題が話題になった時、年金関係の本が多く出版されました。今さらそのようなものを読んでも、と思うかもしれませんが、そういったものでも買い取ってくれるそうです。

 

人気作もあまり影響されない

反対に、人気があって今では希少価値のある本でも査定に大きく影響されず、古書籍を扱うお店が掘り出し物を探しに大手の古本屋さんに行くこともあるそうなので、そういった本を持っている場合はオークションなどで出品したほうが高く売れるでしょう。

 

キャンペーンを利用する

お店によっては、何冊以上まとめ売りすると買取価格が10%アップ、などといったキャンペーンが行われることがあります。たくさん売りたい本があるときはこれを利用するといいでしょう。ネットショップなら重たい本を持ち運ぶ手間もいらないので便利です。